2019年8月25日(日) 

今回は「ナラ枯れ調査」です。

IMG_9184

カシノナガキクイムシという小さな虫が
6月上旬頃にコナラやクヌギなどの幹に穿入し、

樹幹内で産卵を行います。

IMG_9171

この時にナラ菌の胞子も木の中に持ち込まれまれ、

虫が掘った穴を伝って蔓延します。

IMG_9181

IMG_9175

その結果、木がナラ菌の蔓延を防ごうとして
通水機能を止めてしまうことにより、
7月~8月頃葉がしおれて茶色に変色し枯死に至るそうです。

 
IMG_9176

今回は3班に分かれて遊歩道沿いのコナラを調査し、
42本の被害を確認しました。

被害にあった木には黄色のテープを巻き付けて、
来年予防対策を施します。

IMG_9177

予防対策としては粘着剤の塗布し虫の穿入を防ぐそうで、
昨年調査の木に対策を施したところ

虫の穿入は見られなく、効果が確認されています。

すでに枯れた木で倒木の危険性があるものについては、
伐採して安全の確保をしていきます。


IMG_9182

IMG_9178

IMG_9185

IMG_9188

お疲れ様でした。