流域(広域)活動ネットワーク

流域環境を考えるネットワーク(情報共有サイト)です!

長岡京竹林(小泉川)

竹灯篭づくり

2019年12月7日(土) 

今回は、毎年1月17日に行われる「阪神淡路大震災1.17の集い」に
使用する献灯用の竹筒を211本作製し、提供しました。 
パナソニックグループ社員とその家族、定年退職者の会メンバー含む
総勢36名が参加。(第62回目の活動)

P1170212

 「阪神淡路大震災1.17の集い」
(開催場所:東遊園地公園 <神戸市役所南側>)で、
我々が提供した竹筒を含め、全国から提供された竹筒で
『1.17』の文字を描くように配置された映像をニュース等で多くの方が
目にされると思います。
この式典を支えるためにも、この活動は続けてまいりますので皆さまの
ご協力をよろしくお願いします。

P1170172

P1170195

P1170203

P1170204

ご参加頂いた皆さまの感想

・疲労感を感じるにはまだまだいけます。
 家内共々とても満足しております。
・来年の慰霊祭を見るとき、感慨深いものがあると思います。
 このような活動は、是非続けて欲しいです。
・選んだ竹が水を含み、とても重く太く、切りがいありました。
 OBの方に懐かしいお顔もありましたし、
 あの場では"若手"と呼んでいただき元気が出ました。

休憩時には焼き芋を食べほっこりしての作業となりました。
事故・怪我もなく無事、活動を終えることができました。
参加された皆さま、大変お疲れさまでした。ありがとうございました。

P1170152

P1170148

竹林保全ボランティア

2019年10月5日(土) 

第61回長岡京市竹林保全ボランティア活動報告

パナソニックグループ社員とその家族、退職者の会メンバー、
関係者含め、25名が参加。

P1160875

この竹林保全ボランティアは、京都府及び長岡京市からの要請を
受けて会社のパナソニックエコリレージャパンと共同で12年前から
開始したもので、今回で61回目の活動となります。
この時期は台風の影響で中止が多く、開催は4年ぶりとなりました。

暦の上では秋でしたが、当日は、気温が高く、全員で汗をかきなが
らの活動となりました。今回の活動は、古い竹の間引き作業や朽ち
て倒れている竹の撤去し、焼却を行いました。
ヘルメット・軍手など保護具を付け、安全第一で十分に注意をはらい
水分補給もしながら活動しました。

P1160848

P1160855

P1160859

P1160866

P1160869

お疲れ様でした。

第60回長岡京市竹林保全

2019年6月22日(土) 

第60回長岡京市竹林保全ボランティア活動を
長岡京市奥海印寺で行いました。
長岡京支部・パナソニック松愛会(会社OB)から
総勢27名の方が参加。

P1160410

2006年9月から実施しているもので、
今回で60目の活動となり13年が経ちました。

毎年6月の竹林保全活動は、
まず、竹林入口付近の草刈りからスタート。
古い竹の間引き・朽ちて倒れかけている竹の整理などの作業です。

P1160386

P1160398

P1160381

P1160390

前夜は、通り雨が降りましたが、
当日は、晴天の中作業のできる天気に恵まれました。
作業ではヘルメット・軍手など保護具を着け『安全第一』で、
また、気温、湿度も高くなってきて、脱水症、熱中症にも気をつけ、
水分も十分に補給しながらの活動となりました。

P1160371

会場入り口付近等、草が生い茂っていましたが、
皆様のおかげできれいになりました。
参加して頂いた皆様、お疲れさまでした。

2回目のタケノコ掘り

2019年4月20日(土) 

長岡京竹林保全活動(タケノコ掘り)

パナソニックグループ社員と家族、定年退職者の会、長岡京市民懇話会、
総勢44名が参加しました。

P1160043

P1150998

P1160025

P1160029

今年は不作の年でした。
来年に期待したいと思います。
皆さん、お疲れ様でした。

長岡京竹林保全

2019年4月13日(土) 


長岡京竹林保全活動
この時期はタケノコ掘りです。(^^)v

IMG_20190413_135718

パナソニックグループ社員と家族、定年退職者の会、長岡京市民懇話会、
総勢56名が参加しました。

IMG_20190413_105851

しかし、今回、タケノコは少なく、1家族1本程度しか収穫なしです。(涙)

IMG_20190413_094055

でも、皆さん、頑張りました。(^^)/

IMG_20190413_095749

IMG_20190413_104107

IMG_20190413_103927

IMG_20190413_091840

IMG_20190413_085854

場所は、桂川の支流「小泉川」の水源エリアである「奥海印寺地区」。

 竹林整備の必要性

1.周囲への侵入・拡大
2.里山景観の変化
3.生物多様性の低下
4.水源かん養・県土保全機能の低下
5.地球温暖化防止吸収源としての機能低下

竹林では地表30cm程度まで地下茎が集中し、
斜面及び地下茎に沿った水の流れが多くなり、
地中深くへの水の浸透が少なくなるため、
保水能力の低下(水源かん養機能の低下)が懸念されます。
さらに手入れされず放置された荒廃竹林では地下茎が枯死し、
浅い根になる傾向があります。
そして、林床には植生が少ないため、
土壌侵食や土砂崩壊の危険性が高くなります。

カテゴリー
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ